入会案内

入会手続き

入会のお申込みは下記よりお願いいたします。
⇒ 入会お申込みフォーマット
※必要事項を記入して送信後、年会費(会員種別による)を指定口座にお振込みください
※入会案内はこちら(PDF)からご覧ください

年会費お振込先

▼年会費のお振込は、下記口座までお願いいたします。
   りそな銀行 早稲田支店(普)1405184
   ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟
※【正会員】5,000円、【賛助会員】3,000円です
※お名前を明記してお振り込みください。手数料はご負担ください

入会のお願い

2000 年に施行された地方分権推進一括法、その流れを受けた三位一体の改革により、地方分権が急速に進み始めました。地方自治体に権限、財源が移譲され、名実ともに地方が自立し始めたのです。そのような中、「数値」「期限」「財源」「工程表」を明示したマニフェストを掲げた首長が当選し始め、首長と議会の関係も大きく変わり始めました。

これまでの地方議会の役割は、住民の声を受け、首長の自治体運営をチェックすることではなく、オール与党を組み、利益誘導することが中心でした。ところが、マニフェストによって、首長と住民が直接契約をしてしまうと、地方議会のレゾン・デートルが問われ始めます。地方議会の役割は何か、選挙の公約はどうするのかといったことにはじまり、ローカル・パーティーの創設をも検討する必要があるでしょう。

2005年2月4日、ローカル・マニフェスト型政治実現のため、ローカル・マニフェスト推進首長連盟、ローカル・マニフェスト推進ネットワークが結成されました。マニフェスト型政治を推進するためには、首長選挙と並び、国民に身近である地方議会選挙も、マニフェスト型にしていくことが不可欠です。地方議会が自ら立ち上がり、真の二元代表制を実現し、新しい民主主義を創らなければならないのです。そこで、2005年5月22日にローカル・マニフェスト推進地方議員連盟が結成されました。今後、ローカル・マニフェストを推進する地方議員の輪を広げていくためにも、多くの地方議員の皆様のご参加を心よりお願い申し上げます。

ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟
共同代表 越田謙治郎(兵庫県議会)
草間剛(横浜市会)
冨田潤(豊川市議会)

会員規約[PDF:140KB]
※別ウィンドウで開きます。

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード