ご挨拶

規約改正にあたって

 ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟は、2018年7月11日の総会において、自治体職員、市民も正会員として加盟できるローカル・マニフェスト推進連盟と名称を変更する規約改正を行い、組織を昇華させましたことをお知らせします。

◇     ◇     ◇

 

 私たち連盟は、新たなステージに立つことを決め、活動を始めました。

 連盟は2005年に発足以来、真の地方分権確立のため、二元代表制における地方議会、地方議員、地方自治体の活性化、議会改革を進めてきました。その成果のひとつとして議会基本条例を制定した地方議会は全国の半数を超えるほどとなりました。

 成果の二つ目として、政治・選挙改革としてローカル・マニフェストの普及も努めてきました。「お願いから約束へ」に象徴されるように、曖昧な「公約」ではなく、議員として何をするか、そして、後日に評価可能な「約束」を選挙のさいに有権者と結ぶことで政治改革が進むと考えたためです。その成果のひとつとして、2019年4月から地方議会議員選挙の選挙期間中にマニフェストビラの配布が法改正より可能となり、有権者が政策で判断できる選挙へと変わることが期待されています。

 成果の三つ目として、日本最大の政策コンテスト、マニフェスト大賞を毎年開催し社会的に認知されたことにより、地方議会、地方自治体、市民の活動が地方から日本を変えていく大きな原動力となっています。

 他にも多数の活動成果はありますが、今以上に地方から日本を変えていくには、地方議会、議員が中心となる活動から議会事務局(議会局)との連携をより高めていくことや、自治体職員や市民による力をより高め、それぞれが連携していくことがさらに地方から日本を変えていく大きな力になると確信しました。

 これらのことから、地方議員が中心であった組織から、地方議員、自治体職員、市民が同じ立場で連携できる組織へと昇華するため2018年7月の総会で連盟規約を改正し、本連盟は新たなステージに立ちました。

 志ある地方議員のみならず、多くの議会事務局(議会局)職員、自治体職員、市民の皆様の本連盟への入会を心からお待ちしています。

 地方から日本を変えていくために、ともに活動を進めましょう。

 

共同代表メッセージ

■横浜市会議員 黒川 勝

 kurokawa

 このたび共同代表に就任しました、横浜市会議員の黒川勝です。前身のローカル・マニフェスト推進地方議員連盟でも3代目の共同代表を務めましたが、新たな気持ちで再登板となりました。
 最近のマニフェスト大賞などからも、議会局や議会事務局が議会力をアップさせるために積極的に取り組んでいる活動や、市民の活動が主体となった政策の実現、若い世代の政治参加を促す活動が活発になってきています。また、地方議員の経験を活かして新たなフィールドで活躍している人も多くなりました。
 このような変化の中、地方議員という枠の中だけでの活動から、同じ志を持って頑張る人たちと連携するために推進地方議員連盟から推進連盟に名称を改め、より大きな連携のもとで『地方創生』を地方から全国へと展開してまいります。みなさまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

 

■可児市議会議員 川上 文浩

 共同代表 川上文浩

 昨年7月の共同代表就任時に「マニフェストサミットを1000人規模で開催する」というマニフェストを掲げました。今年、早稲田大学大隈記念大講堂で開催した「全国地方議会サミット2018 議会のチカラで日本創生」では、西日本で甚大な災害が発生しましたが北海道から沖縄まで、全国各地から議会関係者を中心に1030名の皆さんに参加していただきました。これもひとえに北川正恭早稲田大学名誉教授をはじめ、全国の議会関係者のご理解と、早稲田大学および早稲田大学マニフェスト研究所等関係機関のご協力に心から感謝申し上げます。
 ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟は、ローカル・マニフェスト推進連盟と名称を変更し、新しい共同代表・役員で再スタートし、広い分野から会員を募り地方組織の充実と議会局・議会事務局ネットワークの構築、地域と市民団体との連携を模索し、充実した研修などを通して足元をしっかりと固め、全国各地で議会や地域からの情報発信により地方創生がさらに広がっていくよう努力してまいります。今後とも皆様方のご協力ご支援をよろしくお願いいたします。

 

■伊丹市議会議員 相崎 佐和子

 aisaki

 「共同代表をやらないか」
 連盟からお誘いをいただいたのが2018年春。マニフェスト生みの親である北川正恭さんを筆頭に、全国の志高い議員が名を連ねる連盟からのお誘いに、身が震えると同時にローカル・マニフェストの推進に全力を尽くしたいと二つ返事で引き受けました。
 私たちは日々、街をより良くしようと熱い想いで取り組んでいます。それには議員が明確に政策を示すこと、そして示した政策を実現させることが必須です。そのスタンスが全国に広がることで、地域が変わり日本が変わると信じています。全国の仲間と一緒にうねりを高めていきたいです。
 『善政競争』で、地域を日本を良くしていきましょう。皆さんと共に活動を進められるのを楽しみにしています。

 

■那覇市議会議員 前泊 美紀

 maedomari

 日本最大の政策コンテスト「マニフェスト大賞」は第13回を迎え、応募数は今や2,000件を超えています。その実行委員長と、あわせて共同代表を務めさせて頂くことになりました。
 日本の南、沖縄県から「政策本位の地方政治。地方議会から日本を変える」ことを発信するからには、全国津々浦々にその理念を広めたい。その思いから、開拓精神あふれる北海道の仲間に声をかけ、しっかり者の関東を中心とした東日本、ムードメーカーの西日本といった多彩なメンバーで、それぞれの熱い思いを胸に、一致団結和気あいあいと活動しています。
 真面目に頑張る地方議員の活動、キラリと光る地域の取り組みなど、日本を元気にする政策を共有し、ともに進めて行ければ幸いです。皆様とどこかでお会いできることを楽しみにしています。