ご挨拶

規約改正にあたって

 ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟は、2018年7月11日の総会において、自治体職員、市民も正会員として加盟できるローカル・マニフェスト推進連盟と名称を変更する規約改正を行い、組織を昇華させましたことをお知らせします。

◇     ◇     ◇

 

 私たち連盟は、新たなステージに立つことを決め、活動を始めました。

 連盟は2005年に発足以来、真の地方分権確立のため、二元代表制における地方議会、地方議員、地方自治体の活性化、議会改革を進めてきました。その成果のひとつとして議会基本条例を制定した地方議会は全国の半数を超えるほどとなりました。

 成果の二つ目として、政治・選挙改革としてローカル・マニフェストの普及も努めてきました。「お願いから約束へ」に象徴されるように、曖昧な「公約」ではなく、議員として何をするか、そして、後日に評価可能な「約束」を選挙のさいに有権者と結ぶことで政治改革が進むと考えたためです。その成果のひとつとして、2019年4月から地方議会議員選挙の選挙期間中にマニフェストビラの配布が法改正より可能となり、有権者が政策で判断できる選挙へと変わることが期待されています。

 成果の三つ目として、日本最大の政策コンテスト、マニフェスト大賞を毎年開催し社会的に認知されたことにより、地方議会、地方自治体、市民の活動が地方から日本を変えていく大きな原動力となっています。

 他にも多数の活動成果はありますが、今以上に地方から日本を変えていくには、地方議会、議員が中心となる活動から議会事務局(議会局)との連携をより高めていくことや、自治体職員や市民による力をより高め、それぞれが連携していくことがさらに地方から日本を変えていく大きな力になると確信しました。

 これらのことから、地方議員が中心であった組織から、地方議員、自治体職員、市民が同じ立場で連携できる組織へと昇華するため2018年7月の総会で連盟規約を改正し、本連盟は新たなステージに立ちました。

 志ある地方議員のみならず、多くの議会事務局(議会局)職員、自治体職員、市民の皆様の本連盟への入会を心からお待ちしています。

 地方から日本を変えていくために、ともに活動を進めましょう。

 

共同代表メッセージ

■兵庫県議会議員 相崎 佐和子

 「共同代表をやらないか」
 連盟からお誘いをいただいたのが2018年春。マニフェスト生みの親である北川正恭さんを筆頭に、全国の志高い議員が名を連ねる連盟からのお誘いに、身が震えると同時にローカル・マニフェストの推進に全力を尽くしたいと二つ返事で引き受けました。
 私たちは日々、街をより良くしようと熱い想いで取り組んでいます。それには議員が明確に政策を示すこと、そして示した政策を実現させることが必須です。そのスタンスが全国に広がることで、地域が変わり日本が変わると信じています。全国の仲間と一緒にうねりを高めていきたいです。
 『善政競争』で、地域を日本を良くしていきましょう。皆さんと共に活動を進められるのを楽しみにしています。

■東京都あきる野市議会議員 子籠 敏人

 私たちの連盟は、様々な研修会やサミット、そしてマニフェスト大賞の実施などを通じて、全国各地の優れた取り組みを集めて紹介し、学び合って、全国へ拡散もしていくこと、また連盟を通じて会員がネットワークを広げていくことを目的に活動を展開しています。
 私は、全国の議員や首長、市民が一堂に会して、全国の様々な先進事例を共有して自身の政策のレベルアップを図り、地元に活かして行けるのが、この連盟の良さだと思っています。私もこれまで多くの事例を学ばせていただき、自分の街に活かして形にしてきました。
 今回、共同代表へのご推挙をいただき、就任することとなりましたが、今後は共同代表として一人でも多くの方がこの連盟の良さを活かして、政策を磨き合い、地元の住民利益の向上につなげていただけるよう、力を尽くしていきたいと思います。全国各地の皆さんのご参加を心からお待ちしています。
 

■東京都小金井市議会議員 白井 亨

 昨年に引き続き、日本最大の政策コンテスト「マニフェスト大賞」の実行委員長を務めています。たくさんの関係者の協力もあり、2021年の応募数は過去最高だった昨年に次ぐ2,730件となり、「政策本位の地方政治。地方議会から日本を変える」ためのプラットフォームになってきました。真面目に頑張る地方議員の活動、キラリと光る地域の取り組みなど、日本を元気にする政策を共有し、ともに進めて行ければ幸いです。また、地域課題に気づき、その改善に向けて取組む主体は地方議員だけではありません。市民一人ひとりが小さなことからでも、地域を良くすることに取組むことで、この国は大きく変わっていくのではないでしょうか。その支援をしたいという想いで関わっています。
 「政治」といえば国政をイメージされる方が大多数であると感じてきました。地方議員や地方議会は不祥事でしか報道で取り上げられませんが、選挙だけに熱心ではなく、非常に優秀かつその職責を果たしている地方議員や議会も数多く存在します。しかし知られていません。この“知られていない”状況を変え、地方議会や議員の仕事への認識が一般化し、市民がそれらの仕事に対する目利きができるようになると、世の中はもっと変わるのではないでしょうか。この地方議会こそが、皆さんが住む場所で生活に密着した政治の場なのです。ローカル・マニフェスト推進連盟をどうぞよろしくお願いいたします。

■熊本県山鹿市議会議員 服部 香代

 市議会議員になって数か月、前例踏襲の議会にこんなものなんだろうかという不安の中でローカルマニフェスト推進地方議員連盟(当時)での研修会に参加し、その内容こそが私の求めているものものだと強く確信しました。
 議会は暮らしと密着している、ということを市民の皆様に訴え活動している中で、一地方議会ではどうにもならないことがあります。
 「お願いから約束へ」の選挙を実践したい私たち地方議員は選挙のビラさえ配布できないという公職選挙法があったのです。その法律を改正するために当連盟が全国の地方議会に呼びかけ意見書を国に提出しついに公選法の改正に繋がりました。こういった問題点を抽出し行動する事が、必ず住民の福祉向上のためになっていきます。
 共同代表のご推挙をいただき光栄に思うと同時にその責任の重さも感じているところです。これからより多くの皆様にこの連盟の良さをお伝えしながら一緒に学び、進んでいきたいと思います。