栗山町・芽室町議会 マニ大視察研修を開催しました

栗山町・芽室町議会 マニ大視察研修を開催しました

2016年4月13日

2016年4月11日~12日、「栗山町・芽室町議会 マニ大視察研修」を有志メンバーにて開催しました。

今回の一番の目的は、昨年のマニフェスト大賞10周年で「最も印象に残った議会」として、栗山町議会を表彰したことから、表彰状伝達式を栗山町議会で行うことです。

また、この機会に、来月に議会基本条例制定10周年を迎える栗山町議会への視察を行うとともに、制定当時の橋場利勝議長、中尾修事務局長からお話を伺いました。

翌日には、マニフェスト大賞最優秀成果賞を受賞している芽室町議会にも伺い、現状の改革の様子やマニフェスト大賞の意義についての意見交換を実施。とても充実した2日間となりました。

 

※ 当日の様子が 新聞記事として掲載されました【PDF】
  ・「基本条例制定10年 栗山町議会を表彰」(北海道新聞)
  ・「全国一の改革度を披露 道外地方議員ら視察」(十勝毎日新聞)

 

160411_1

子籠敏人・マニフェスト大賞実行委員長から、鵜川和彦・栗山町議会議長に表彰状をお渡しした

160411_2

栗山町議会における、議会基本条例の見直しや、議会報告会・自由討議の取組みなどについて意見交換

160411_4

議会基本条例制定当時の、橋場利勝・元議長と中尾修・元事務局長にも貴重なお話をいただく

160411_5

4回の受賞歴がある栗山町議会の取組みは、マニフェスト大賞や全国の議会に大きな影響を与えた

160412_1

最優秀成果賞を受賞し、改革度ランキング全国1位となった芽室町議会を視察。先進事例の宝庫となっている

160412_2

チーム芽室町議会とマニフェスト大賞実行委員会との記念撮影。素敵な笑顔の皆さんが印象的