マニフェスト大賞実行委員長選挙を実施しました

マニフェスト大賞実行委員長選挙を実施しました

2017年2月7日

2017年2月2日、地方自治の善政競争「マニフェスト大賞」実行委員長選挙を日本橋事務所にて実施しました。

これまで、実行委員長は実行委員会のなかで議論し決定してきましたが、今回からより会員にひらいた形で選挙を行うことになりました。立候補は、いおく美里・奈良県議と小林伸行・横須賀市議の2名から届け出があり、投票の結果、実行委員長にいおく美里・奈良県議、副実行委員長に小林伸行・横須賀市議が就任することが決定しました。

選挙では、子籠敏人・前実行委員長からの挨拶のあと、立候補者の3分演説が行われました。いおく美里・奈良県議は「地方で生きるマニフェスト大賞」を掲げ、小林伸行・横須賀市議は「マニフェストの精神を新たな形で」と政策や想いを発表しました。いおく美里・奈良県議はネット中継での参加となり、全体の様子はユーストリームにて会員向けに配信されました。

会員により決定された新体制のもと、11月の授賞式に向けマニフェスト大賞は新たなスタートをきりました。善政競争の輪がさらにひろがるよう、全国各地から皆さまもぜひご参加ください!

170202_1

左から、小林副実行委員長、いおく実行委員長、子籠前実行委員長。ネット中継の画面を真ん中に握手。