第13回総会を開催!新共同代表が選出されました

第13回総会を開催!新共同代表が選出されました

2017年8月4日

 2017年7月31日、衆議院第一議員会館にて、第13回総会が開催されました。

 総会のなかで、新人事の提案があり、公職選挙法改正(地方議会議員選挙における政策ビラ配布の解禁)のミッションを達成した草間剛・横浜市会議員が共同代表2年の任期を終え、川上文浩・可児市議会議員が新たに共同代表に就任することが決まりました。越田謙治郎・兵庫県議会議員、冨田潤・豊川市議会議員は継続してミッションを遂行するため、再任となりました。

 当連盟の共同代表は、ミッション達成型を目指しており、総会のなかでそれぞれが所信表明を行いました。

 川上文浩・可児市議会議員は「1000人規模のマニフェストサミット開催、各地域の運営委員配置、政策型の地方議会議員選挙の実現」、越田謙治郎・兵庫県議会議員は「地域勉強会の全国展開と関西地区の強化」、冨田潤・豊川市議会議員は「投票率向上とシティズンシップの推進」を掲げました。

 今後、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟は、新しい体制のもとで新たなステージを迎えます。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

170731_3

170731_1

170731_2

170731_4