定例会「議会選出監査委員の是非を考える」を開催しました

定例会「議会選出監査委員の是非を考える」を開催しました

2018年5月25日

 5月24日、定例会「議会選出監査委員の是非を考える」を早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区)にて開催しました。地方自治法の改正で条例により議会選出の監査委員を選ばなくともよくなり、大津市議会では議会選出の監査委員廃止を決めました。大津市議会局次長の清水克士さんをゲストにお呼びし、その経緯とポイントを伺い、各議会での監査委員のあり方を議論しました。

180524_1

昨年5月の定例会に続き、講師をつとめていただいた大津市議会局次長の清水克士さん。大津市議会での検討経過、議選監査委員が置かれている意義とデメリット、論点整理と条例改正の内容まで、明快にご発表いただきました。

180524_2

議選監査委員の選出方法は「最大会派から」「議長経験者から」「持ち回り」など議会によって様々異なっています。本来の監査委員のあり方について、質疑応答と議論が活発に行われました。