LM北上勉強会「議会改革第2ステージ 東北からチーム議会を目指して」を開催!総勢120名が参加しました

LM北上勉強会「議会改革第2ステージ 東北からチーム議会を目指して」を開催!総勢120名が参加しました

2019年2月7日

2月7日
LM北上勉強会「議会改革第2ステージ 東北からチーム議会を目指して」をブランニューキタカミにて開催しました。
東北全域の議員ならびに議会事務局職員、総勢120名が集い、「チーム議会」としていかに地域に貢献する活動を行うか、議長と事務局の関係性やあり方などを東北圏内外の先進事例を中心に深めました。
 LM北上 3


会の始まり
北川先生から、議会・議会事務局の過去・現在のあり方に関して、
「これまでの議会は議会総体として、何かを成し遂げてきたのだろうか。特に、議会事務局職員は議会の秘書や雑用係のような立ち位置でしかなかった」と、これまでの議会のあり方を問題提起されました。
その上で、「これからの議会は、二元代表制において首長と政策競争する住民代表機関であるならば、政策提言を積極的に行い、議員個人の力から議会としての力を発揮する必要がある。その中で、議会事務局は議会側をサポートする役割が必要、地域課題で必要な政策を「あれかこれか」見極めるためにも議会事務局の視点も重要となる。議会総体としていかに住民福祉を向上するために「チーム議会」のあり方は必要である」と唱えました。

LM北上 12

 

続いて先進事例報告として、議会改革度調査2017で岩手県内1位の北上市議会をはじめ、犬山市議会、可児市議会と、マニフェスト大賞を授賞した先進自治体から報告してもらいました。

まず高橋穏至・北上市議会議長は、「議会と議員の活動のあり方から検討する 議員報酬・定数について」、市民の方々との議員定数や報酬に関して、ワークショップ形式の意見交換を行い、報酬増額(5万円増)、定数が現状維持の結論に至った経緯を説明してくださいました。また、議員定数においては、議員間で意見が二分した際に、ワールドカフェを用いて対話を行うなど、論点整理に工夫されておりました。

LM北上 15

次にビアンキ・アンソニー・犬山市議会議長からは、議会の機能強化に関して「議員間討議、政策立案・政策提言の向上、市民参加」の3点を提示してもらいました。特に市民参加に関して「地域の民主主義において市民参加が重要になり、いかに議会がその場を保障するかが要となる。市民の意見を市政に反映させることこそ、本来の議会活動ではないのか」と力強いメッセージをいただきました。

そして、川上文浩・前可児市議会議長からは、年間の政策サイクルや高校生議会、ママさん議会での取組を紹介してもらいました。高校生から地域の主婦の方まで、徹底して住民の声に寄り添い、ママさん議会での駅前の子育て拠点施設に関するATMの設置の意見といった事例など、事細かな声を議会が形に変えていく過程をわかりやすく、かつ議会の役割を話していただきました。

 

その後、事例報告をしてもらった3者と北川先生をコメンテーターに、佐藤淳・青森中央学院大学准教授(早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員)のコーディネーターのもと、パネルディスカッション(議長セッション)を行いました。
テーマは、議長のリーダーシップや議会事務局との関係に関して、三者の意見を聞きました。
特に議会事務局との関係において、高橋議長は、議長、委員長、事務局長・職員の情報共有の連携を重要視する意見を、ビアンキ議長は、議会事務局は議長の大事な相談相手とし、事務局の役割を強調し、川上前議長は、事務局職員も議員と同じ住民福祉の向上に貢献している立役者であるという認識を議員と職員双方がもち、お互いに誇りを持って働きやすい環境を整備することが重要と語られました。

LM北上 4

LM北上 10

最後に議会事務局セッションとして、開催地北上市議会から小原昌江 議事課課長、同じく東北、宮城県柴田町議会から佐山亨 主査、そしてマニフェスト大賞受賞者の茨城県取手市議会から岩崎弘宣 局長補佐の3人が登壇し、中道俊之・元岩手県滝沢市議会事務局長(早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員)をコーデイネーター、北川先生をコメンテーターに、パネルデイスカッションを行いました。
議会と事務局の関係性が要となる「チーム議会」において、3者とも「フラットな関係」と話されておりました。
また、取手市議会の岩崎氏は「委員会の研修・視察に事務局は同行しない。また事務局への丸投げ雑務は認めない。」とし、議員と事務局の上下関係を一蹴。その上で、「議会事務局職員も「議会愛」をもって住民福祉の向上に取り組んでいる。丸投げは認めないが、議員自ら行動(調べるなど)した後の補う部分を事務局職員は手助けしている」と話していただきました。

LM北上 13

LM

 

ご登壇していただいた講師・ゲストの皆様
お忙しい中、資料を作成いただき、誠にありがとうございました。
またご協力いただいた北上市議会事務局の皆様
大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

(写真提供:山中(松戸市議)・竹内)