2021年3月14日 LMオンライン研修会「自治体DXと議会の役割~DX必要性と成果。進まない壁を探る~」開催します!

公開日 2021年2月17日

民間ではDXへの対応が進められています。自治体、議会にも求められていますが、ほとんどの自治体で動かないのはなぜでしょうか? DXの目的の再確認、実際の効果を確認しながら、議会からどのようにDXを進めていけるのかを参加者と議論します。どうぞ、ご参加ください。

◇日時:2021年3月14日(日) 10時~12時30分(予定)
◇手法:オンライン(ZOOM)(※Zoomを最新バージョンにアップデートしてご参加ください
◇プログラム(予定/敬称略)

10:00~10:20「議会からDX革命を起こせ」
  北川正恭 早稲田大学名誉教授(元三重県知事)

10:20~11:10「DXによる変革と効果」
 大山 水帆 さん
  総務省地域情報化アドバイザー
  Code for TODA
  戸田市総務部次長兼情報政策統計課長 

 (休憩)

11:20~12:10「地に足の着いたDXの進め方」
 石塚 清香さん
  総務省地域情報化アドバイザー
  Code for YOKOHAMA
  自治体職員

12:10~12:30
 参加議員からの報告・質疑・意見交換

◇参加費:5,000円(議員)、2,000円(議員以外/市民・議会事務局職員など)
◇お申込:Peatix(チケットを申し込む)からお申し込みのうえ、参加費をお支払いください。
主催:ローカル・マニフェスト推進連盟   共催:早稲田大学マニフェスト研究所

※ 入金を確認後、ご参加方法等のご案内をメールで送付します。
※ 領収書についてはこちらをご確認ください>領収書にアクセスする
※ チケットのキャンセル返金手続きについてはこちらをご確認ください>主催者にチケットのキャンセルを依頼する
※ 請求書払い対応が必要な場合は、恐れ入りますが事務局までメールご連絡ください。
(1)メールの件名:『3月14日申込(請求書依頼)』
(2)参加する方のお名前、ご所属(議員/一般の種別が分かるようにご記入ください)
(3)請求書の宛名(例:■■議会様、○○市長様、●●市長◇◇様 など)
(4)日付/但し書に記載が必要な事項の指定
(5)請求書の郵送先(住所・担当者様お名前)
上記の項目・担当者連絡先をメールに記入し、送信してください。後日請求書原本を郵送にてお届けします。
決済の関係で事後のご対応になる場合もご相談ください。


<事務局>
ローカル・マニフェスト推進連盟事務局(早稲田大学マニフェスト研究所内/担当:亀井・山内)
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング WESEDA NEO内
TEL 03-6214-1315 FAX 03-6214-1186 E-mail mani@maniken.jp

チラシはこちらからダウンロードしてください。20210314[PDF:1.19MB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード