早稲田定例会「住民と議員の意識ギャップを検証する」ご案内

早稲田定例会「住民と議員の意識ギャップを検証する」ご案内

2017年9月26日

地方議員の政策立案能力が問われています。今回の定例会では、東京都議会議員選挙の際に実施したインターネット調査をもとに、争点や判断基準、政治意識、既存の政治勢力や新規の政治勢力への期待と不安など、住民と議員の意識に差異(ギャップ)が発生していないか検証するとともに、「住民起点の政策づくり」について議論します。

 

【早稲田定例会のお知らせ】

▼日 時:2017年9月26日(火)18:30~20:30
▼場 所:早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館606教室
▼テーマ:シリーズ「住民と議員の意識ギャップを検証する」その1 
      〜都議選調査から見えてきた意識のズレと住民起点の政策づくり〜
▼講 師:青木佑一さん(早稲田大学マニフェスト研究所事務局次長、招聘研究員)

▼お申込:こちらの WEBフォーマット よりお申込みください
  ※ 参加者は、LM地議連会員限定です。当日入会するとどなたでも参加できます。
  ※ インターンや議会事務局職員は無料でご参加いただけます。