ネット選挙研修会を開催いたしました

2013年6月27日

2013年5月16日、ネット選挙研修会
「ネット選挙解禁で政治はよくなるのか?~ネット選挙の先の可能性を探る~」
を東京都内で開催し、地方議員、選挙管理委員会、メディア関係者など
約80名が参加しました。詳しくはこちら(政治山記事)からご覧ください。

130516_1
ネット選挙解禁への関心は、地方議員も非常に高い。

130516_2
「ネット選挙解禁で地方議会をこう変えろ!~オープンガバメントと新しい議会の姿~」
と題したパネルディスカッションでは、北川正恭氏(早大マニフェスト研究所所長)
高木聡一郎氏(株式会社NTTデータ)、上村崇氏(民主党京都府議会議員)
草間剛氏(自民党横浜市会議員)、北村純一氏(鳥羽市議会事務局)が議論を行いました。

130516_3

「ネット選挙解禁法案成立の意義と目指す政治の姿」と題して
福田峰之氏(自民党衆議院議員、自民党ネットメディア局次長)
鈴木寛氏(民主党参議院議員、民主党広報委員長)
黒川勝氏(マニフェスト大賞実行委員長、横浜市会議員)
が国会で法案改正の動きと、参議院議員選挙に対する課題を議論しました。

130516_4

「公職選挙法改正のポイント」と題して
総務省自治行政局選挙部選挙課が講演し、たくさんの質疑応答が行われました。