各賞概要

■マニフェスト推進賞 <議会部門> <首長部門> <市民部門>

マニフェストや公約、各種計画に基づいた活動が行われ、その検証・改善などマニフェスト・サイクルが推進されているもの。授賞にあたっては、議会・首長・市民の 3つの部門に分けての審査・表彰とする。 
とりわけ首長部門については、選挙に際してマニフェストや公約を作成していることを重視する。 
また、市民部門については、必ずしも自らマニフェスト・サイクルを推進せずとも、マニフェストの検証・評価や、主権者教育、選挙啓発等を通じてサイクルを促進する取組みも含まれる。 

 

■成果賞

生活者起点の視点に立った活動を通じて成果を出しているもの。感染症対策・復興支援・防災対策の取組みも含まれる。

 

■政策提言賞

生活者起点の視点に立ち、新規性や創造性にとんだ政策を提言しているもの。実現に至っていなくともよい。

 

■コミュニケーション戦略賞

政策づくりやまちづくりのために、優れたコミュニケーションの手法をとっているもの。ホームページ、SNS、広報誌、チラシ、ポスター、選挙公報、ネット選挙、オープンデータなど、手法やツールを問わない。

 

■躍進賞

マニフェスト・議会改革を中心に、大きな躍進を見せたもの。先頭集団の取り組みには及ばないまでも、この一年間で周囲を巻き込み取り組みを前進させるなど、飛躍と成長が著しい取組みを評価する。

 

【応募対象者】
議会(議会・会派・議員)、首長(知事・市区町村長)、市民(個人・市民団体・企業・報道機関)、行政職員など、あらゆる方にご応募頂けます。
また、応募時に希望する部門を書いて頂きますが、どの部門で授賞するかは審査委員会側で判断します。ただし、首長は成果賞、政策提言賞では受賞できません。